内宮領川曳

神宮とともにある
伊勢の民俗行事の伝統を
次世代に伝えたい

 16日の内宮領川曳は、初穂船を曳き五十鈴川をさかのぼる川曳。旧内宮領地域で伝統的に川曳を行う町が例年持ち回りで行われ、今年は二見連合奉献団が担当します。浦田橋下流から、宇治橋まで、川の中を祭り装束で歩き進みます。宇治橋の上から多くの参拝客が見守る中、一気に川から神域へと初穂船を曳きこむ様子は壮観で、他にない伊勢ならではの秋の風物詩でもあります。

スケジュール

戻る

お問い合わせ

主催
伊勢神宮奉仕会
TEL
0596-25-5215