神嘗奉祝祭

 

「神嘗祭」

写真

 神嘗祭は、神様に新穀を奉げる事を主とするとともに、五穀の豊穣、国民の平安などをお祈りする大祭で、神宮で執り行われる年間千五百余りのお祭りの内、最も重要な祭儀です。
 お祭りは、午後五時の興玉神祭と御トの儀に始まり、午後十時からの由貴夕大御饌、深夜二時からの由貴朝大御饌を奉った後、正午からは幣帛という五色の布や織物などを勅使(天皇陛下のお使い)が参向され、御奉納なされる奉幣の儀、夕刻の御神楽と続きます。
 朝夕の由貴大御饌は、神田で作られた新米の御飯の他に、御餅、さまざまな神饌を奉る儀であり、庭火の薄明かりの下厳粛に行われます。由貴大御饌以外の祭儀については参道等から拝観することができます。
 神嘗祭に際し、装束、祭器具、を一新することから、神嘗正月とも呼ばれます。

「初穂曳」

写真

 神嘗祭をお祝いし、感謝の気持ちとともにその年に穫れた新穀(お初穂)を奉納させていただく行事、それが初穂曳です。
 初穂曳は十月十五日(外宮)と十月十六日(内宮)に行われますが、お木曳行事や、お白石持行事と同様に、外宮へは奉曳車で陸曳により、また内宮へは初穂船で五十鈴川を遡る川曳によりそれぞれ初穂を奉曳し、両宮へ奉納します。

「神嘗奉祝祭」

写真

 神嘗祭をお祝いするため、地元神領民や特別神領民は神宮に新穀を奉納する行事「初穂曳」を行います。そしてまた、全国から著名なお祭りが伊勢に集い、神宮への感謝の想いを込めて、踊りや舞などを奉りる「祭のまつり」。
 収穫の喜びと五穀豊穣の感謝を皆で分かち合う、それが神嘗奉祝祭なのです。

お白石持行事公式ブログ